グラスホルダーとは?ネックレス感覚で着用するグラスホルダーを紹介

グラスホルダーとは?ネックレス感覚で着用するグラスホルダーを紹介

2021/01/25

グラスホルダーとは?人と差をつけるおしゃれアイテム!

グラスホルダー

 

グラスホルダーとは、メガネやキーといった小物をネックレスのように首掛けできる紐やチェーンのアクセサリーです。グラスホルダーがあれば、メガネを首もとに引っかけておくだけで良いため、眼鏡を外した時に「メガネをどこに置いたか忘れてしまった!」という“あるある”も防げます。

今回は、ネックレス感覚で楽しめるおしゃれアイテム「グラスホルダー」の選び方や、おすすめのグラスコードなどをご紹介します。

おしゃれなグラスホルダーの選び方4選

グラスホルダーと聞いて、「コーデに組み合わせるのが難しそう」と感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、グラスホルダーは正しい選び方を知れば、イマドキのかわいいコーデにも合わせられるおしゃれなアイテムなのです。

グラスホルダーの選び方で重要なポイントとしては、おもに以下の4つが挙げられます。

・TPOに合わせたスタイルのグラスホルダーを選ぶ
・コーデに合わせたカラーで選ぶ
・グラスホルダーをつけるメガネのデザインで選ぶ
・皮革(レザー)など素材で選ぶ

 


グラスホルダーの選び方①:TPOに合わせたスタイルのグラスホルダーを選ぶ

グラスホルダーも他のアクセサリーと同じく、TPOに合わせたスタイルの物を選ぶのが吉。メガネを付け外す事が多いビジネスシーンではシックなデザインの物を選ぶなど、ネックレスを選ぶ感覚でグラスホルダーを選ぶのがおすすめ。

グラスホルダーの選び方②:コーデに合わせたカラーで選ぶ

グラスホルダーには様々なカラーのアイテムがありますが、コーデに合わせたカラーのグラスホルダーを選ぶのがおすすめです。同系色でまとめたい時にはコーデと同系色のグラスホルダーを、差し色をプラスしたい時には鮮やかな色味のグラスホルダーを選ぶのが良いでしょう。

グラスホルダーの選び方③:メガネやキーなど取り付ける物のデザインで選ぶ

グラスホルダーは、家のカギなどメガネやサングラス以外も取り付けることができます。そのため、主にどんなアイテムをグラスホルダーに付けるのかがはっきりしている場合、グラスホルダーに取り付ける物のデザインで選ぶのもおすすめ。シルバーなど金属素材を使ったグラスホルダーなら、幅広いデザインのメガネやカギに合わせやすいでしょう。

グラスホルダーの選び方④:皮革など素材で選ぶ

グラスホルダーは、皮革(レザー)や化繊といった様々な素材でできています。それぞれの素材で特徴や長所・短所などがあるため、しっかり見極めてから選ぶのがおすすめです。

おすすめグラスホルダー5選

おすすめのグラスホルダーを5つ紹介します。国産牛革や天然繊維など、様々な素材を使用したおしゃれなグラスホルダーをセレクトしました。


おすすめグラスホルダー①:HIGHTIDE|インストゥルメンタルグラスホルダー

参照元 https://zozo.jp/shop/hightide/goods/52849794/?did=86975606

 

まるでキャンプ道具のようなデザインが目を引く個性的なグラスホルダー。首もとのアジャスターで簡単に長さが調節できるため、首掛けはもちろんショルダータイプのグラスホルダーとしても使うことができます。



おすすめグラスホルダー②:diffuser TOKYO|TOW TONE STICH LEATHER GLASS HOLDER 2

TOW TONE STICH LEATHER GLASS HOLDER 2

 

しなやかな国産牛革を左右対称のバイカラーにしあげたグラスホルダー。左右で異なる表情が楽しめる遊び心あるデザインとなっています。トップの結び目をスライドさせるだけで長さが調節できるため、あらゆるシーンで活用できる点が魅力です。



おすすめグラスホルダー③:EYETHINK HIROB|La Loop

参照元 https://baycrews.jp/item/detail/eyethinkhirob/goods/19208857000730?utm_campaign=eyethinkhirob&utm_source=googleshopping&utm_medium=cpc&utm_content=7225124612_302891440_64503242150_303535731792_pla-294680686006_&gclid=Cj0KCQiAlsv_BRDtARIsAHMGVSY8DOYUFt0_fh9wiMwX5-3jsVU3wGN2tbc-DVrJd2TICOG9FE9mlO8aAqk_EALw_wcB

 

グラスホルダーに特化したファッションブランド「ラ・ループ」のアイコニックなグラスホルダー。イタリアの老舗革工房のレザーなど厳選された素材を使用しており、メッキ加工に至るまですべてが熟練の職人の手作業によりうまれる逸品ものです。



おすすめグラスホルダー④:diffuser TOKYO|TORTOISESHELL STARRING HOLDER

TORTOISESHELL STARRING HOLDER

 

スターリングシルバーのリングに、希少価値の高い高級素材「鼈甲」を圧着して仕上げた最高級クラスのグラスホルダー。鼈甲はウミガメの一種タイマイの甲羅を加工したもので、こちらは高い技術を持つ江戸鼈甲の飾り職人が水と熱のみで加工した芸術的な逸品です。



おすすめグラスホルダー⑤:GOTHIC YOHJI YAMAMOTO|シルバー950 グラスホルダー

参照元 https://theshopyohjiyamamoto.jp/shop/g/gHA-A58-920-1-03?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=shopping&gclid=Cj0KCQiAlsv_BRDtARIsAHMGVSZPyI8tEd3ArDzQHCYZzJRpwcmADQzOVF8jswu5-87fM38ODPqEILcaAnTREALw_wcB

 

ヨウジヤマモトのシルバーアクセサリーライン「GOTHIC YOHJI YAMAMOTO」のグラスホルダー。サークルやチェーンにはシルバー950を使用し、重厚感ある仕上がりとなっています。サークル部分には「GOTHIC YOHJI YAMAMOTO」のロゴが入り、ハイブランドならではの存在感を発揮しています。

グラスホルダーを使ったおすすめコーデ5選

グラスホルダーを使ったメンズ・レディースのおしゃれなコーデをご紹介します。ぜひ、日々のコーデの参考にして下さい。

グラスホルダーのコーデ①:ブラックのワントーンコーデ×グラスホルダー

シンプルになりがちなブラックのワントーンコーデに、華奢なレザーのグラスホルダーでアクセントをつけた上級者のおしゃれコーデ。カーキなどアースカラーと組み合わせることで、ブラックコーデでもグラスホルダーが浮くことなく馴染んでいます。



グラスホルダーのコーデ②:濃色コーデ×ホワイトのグラスホルダー

グラスホルダーをしっかり目立たせたい人におすすめなのが、重厚感ある濃色コーデにあえてホワイトやクリームなどの淡色のグラスホルダーを合わせるコーデ。こちらのコーデでは、クラシカルなデザインのジャケットにグレイッシュカラーのグラスホルダーがアクセントとなっています。


グラスホルダーのコーデ③:派手柄シャツで魅せるモノトーンコーデ

ネックレスなども合わせにくい派手柄シャツには、思い切ってグラスホルダーを合わせてみて。こちらのコーデは、ボトムスのカラーとグラスホルダーのカラーを合わせることによって、上品なモノトーンコーデに仕上がっています。



グラスホルダーのコーデ④:グラスホルダーをネックレス代わりに

メガネを付けない日やコンタクト派さんにおすすめなのが、グラスホルダーをネックレス代わりにするコーデ。長さを調節できるグラスホルダーなら、その日のトップスに合わせてリングの位置を調整することもできます。



グラスホルダーのコーデ⑤:ジャケットとグラスホルダーのリンクコーデ

少し肌寒い日におすすめなのが、ジャケットとグラスホルダーの色を合わせたリンクコーデ。こちらのコーデでは、インナーのセットアップと同系色のサングラスを掛けることで、おしゃれなツートーンコーデに仕上がっています。

グラスホルダーでおしゃれ&快適なメガネライフをおくろう

おしゃれに敏感な人の間でも、ひそかにトレンドになりつつあるグラスホルダー。グラスホルダーを上手に取り入れて、快適&おしゃれなメガネライフを楽しみましょう!

 

松島愛 - 文

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。

IMPORTANT INFORMATION

You can select multiple languages by clicking
G button in the upper right corner
右上のGのボタンをクリックすると
多言語の選択が可能です